andMade

2019.10.09

【オリジナルプリントのアイテムが作れる】ガーメントプリンター

ガーメントプリンターはパソコン上で作成したイメージをTシャツなどの衣類へ簡単に直接印刷できる機器です。最先端技術を集約させたインクにより肌触りが向上し、明るく鮮やかな色を表現する高精細プリントが特徴です。北参道にあるandMadeのアトリエでは【brother GTX 500】を使用することができ、品質の高さからとても人気のある機器となっています。

brother GTX 500のメーカーページ:https://www.brother.co.jp/product/garment/gtx/index.aspx
機器性能
解像度:1200 dpi x 1200 dpi
印刷範囲:356mm×406mm

プリントできる生地
ガーメントプリンタでは綿、レーヨン、麻など幅広い生地にプリントすることができます。また、生地のみではなく、Tシャツ、シャツ、スウェット、パーカー、トートバックなどの既製品にも直接プリントできるのも人気の理由の1つです。

使用できるインク
【brother GTX 500】はホワイトインクが使用できるので、色の濃い生地にも綺麗に印刷することができます。例えば、黒Tシャツでも、ホワイトを下に引いたその上からカラープリントをすれば色をしっかり出すことができます。(写真のTシャツではプリントの上からさらに刺繍を加えています。)

生地との相性
幅広い生地に印刷できる便利な機械ですが、生地との「相性」というのもあります。例えば、毛羽立ちのある生地にプリントすると使用しているうちに毛が摩擦などで削れて、下の色が見えてしまうことから、しらっちゃけてしまったりなど。購入時は綺麗でも数回洗濯したら、よくない意味で「使用している感」が出てしまいます。なので、andMadeでガーメントプリンタを使用して商品を作るときは、素材を重要視しています。例えば、毛羽立ちの少ないオープンエンド生地が使用されている【CROSS&STITCHシリーズ】。あるいは、上質な糸であるセミコーマ糸を使用することで毛羽立ちを抑えている【United Athle 5001 】などを使用することが多いです。

andMade.kitasandoで機器を利用するには・・・・
北参道にあるandMadeのアトリエでは、会員登録すれば誰でもガーメントプリンターを使用することができます。利用システムや料金については施設ページをご覧ください。また、施設は自由に見学することができ、定期的に案内ツアーも開催しています(会員登録するには説明会の参加が必須)。様々な機器がありますので、興味を持たれたら是非見学にきてください!お待ちしております。
施設ページ:https://andmade.tokyo/space/

記事一覧に戻る

RELATED POST

BEST SELLER ITEMS