andMade

2019.02.28

第1回日本制服デザインアワードグランプリ田村芽来さんのデザインした制服を制作!

制服ブランドCONOMiが開催した

今、日本一着たい制服をデザインするコンテスト『日本制服デザインアワード』!

「制服が好き」「制服をデザインしてみたい」「ファッションデザインに興味がある」という全国の学生がデザイン画を応募。

その中からグランプリ、準グランプリが決定しました!

今回、andMadeは審査から立会い、授賞式のランウェイでお披露目するグランプリの制服デザインの制作協力に携わりました。

今回届いたデザイン画は300を超え!

その全てに丁寧に目を通しながら文化服装学院学院長とCONOMi代表取締役による審査が行われました。

シルエットが独創的なものや色使いが斬新なもの、ベーシックな中に拘りが詰まったデザインなど、応募した学生たちのレベルの高さには驚かされるばかり。

文化服装学院学院長も応募した中高生の才能にとても感心している様子でした。

素晴らしいデザインばかりでもグランプリをあげられるのは1人だけ・・・

最後は満場一致で決まりました。

デザインアワードグランプリ:田村芽来(写真中央、神奈川県出身、高校2年)
デザインアワード準グランプリ:江口颯哉(写真右、静岡県出身、高校2年)

グランプリが決まったら

ここからはandMadeの出番です!

[URL:https://youtu.be/5mWZa69QTh0]

グランプリ田村芽来さんのデザインを具現化するにあたり、ポイントとなるのはチェック柄の再現。

市販のものではどうしても忠実なものは見つからないのでandMadeのデジタル機器を使い制作を行いました。

色、柄のサイズなど、なるべくデザインに近付けるため、テキスタイルプリンター(Mimaki)でオリジナルのチェックをプリント。

ブラウスの衿とカフス、ネクタイも色を合わせるためプリントしました。

また、パターンはアパレルCAD(東レACS)とアパレルプロッター(MUTOH)で作成。

縫製はJUKIのミシンを使い、全てandMade内でスタッフの手により制作しました。

お披露目となる授賞式では『第6回日本制服アワード』グランプリの山内寧々さんが着用してランウェイを歩きました。

「ワンピースの丈の長さに特にこだわりました。将来はデザイン関係の仕事に就きたいです。」と語った田村さん。

田村さんこれからの活躍に期待が高まるばかりです!

「日本制服デザインアワード」は来年も開催予定とのこと。

デザイナーを目指す学生の皆さん!是非チャレンジしてみてください!!

記事一覧に戻る

BEST SELLER ITEMS